2018年05月23日

ラズパイにUSB−DACを接続

ラズパイネットワークプレーヤーにUSB−DAC接続してみました、DACを内蔵しているので普段はUSB−DACを接続する必要はありませんがトランスポーターとして使用する場合を考えて私の標準DACをテストしました。
DSCF8648.jpg
ラズパイDACはPCM5122でUSB−DACはPCM2707で、ともにパッシブLPFにトランスでバランス信号に変換しているので基本は同じなのですが出てくる音がちょいと違う感じで改造ベリンガーのAK4393ともちょいと違いますがその差は僅かなのでどれを聴いても満足出来るのですが、PCM5122+真空管アンプで聴くプリティー☆チャンネルはイイ!
posted by Masa at 22:21| Comment(0) | PCオーディオ

2018年05月10日

I2S信号出力追加

SPDIFを追加する予定を変更してI2S出力を追加してみました。

DSCF8621.jpg
I2S出力と言ってもTTLレベルではなくLVDSで出力するのでレベル変換回路が必要ですが、RASDAC+PROの設計者であるI氏より頂いた基板を利用して変換しました。

DSCF8626.jpg
I2S(LVDS)の出力はノイトリックのHDMIコネクタで外部に出力しています。

DSCF8624.jpg
基板追加でケース内のスペースをほぼ使い切った感じです、あとファン制御回路を追加したいのですがスペースが・・・

追加したI2S信号ですが、まだ対応機器が無いので信号がちゃんと出ているのかが確認できないので何か作らないとテスト出来ない、ただのDACを繋ぐのでは面白く無いのでDDX8001で作ったデジタルチャンデバでも繋いでみようと思っいま〜す。
posted by Masa at 22:54| Comment(0) | PCオーディオ

2018年05月01日

ヒートシンク追加

ラズパイネットワークプレーヤーの電源部にヒートシンクを追加してみました。

DSCF8600.jpg
実験用に適当に作った電源基板なのでちゃんとしたヒートシンクが付かないので付きそうなスペースを見つけて小さいヒートシンクを追加しました。

DSCF8601.jpg
とりあえず3個追加した結果はちょいと熱い程度まで温度が下がったので当分これで行けますが、冷却ファンの騒音対策で回転数制御回路を追加する時に電源を作りなおす予定〜

DSCF8603.jpg
手持ちの関係で操作ボタンの色が統一出来なかったのですが、ボタンを入手できたので当初の予定通りの色に変更しました。
posted by Masa at 20:11| Comment(0) | PCオーディオ