2019年04月30日

ラズパイプレーヤーのノイズ対策

先日、ひさしぶりに柏市のT氏邸にお邪魔してきました〜
以前、聴かせて頂いたT氏のシステムは我が家のシステムとは明らかに次元が違う事が、音が出た瞬間にわかりました、T氏邸に訪れた人の多くと同じに私もしばらく自宅で聴けない状態になってしまいましたw

メインシステムの音は以前にも増して心地良い音です!、何時間でも聴いていられる感じです
例えればミネラルウォーターみたいな音です、聞けばここ数年のノイズ対策の成果との事です、T氏の使用しているスピーカーは超高級ユニットのオンパレードでとても真似できませんが、ノイズ対策なら実現可能ですという事で、早速ノイズフィルターをてんこ盛りで投入!。
DSCF9644.jpg
ACラインに1個、USB系に2個、信号系に7個を付けてみました、元々電源にはEMIフィルターを4個入れているのでトータルで14個です。

今回はT氏の最新システムも気になるのですが、先日完成した5881csppアンプの音を聴いて頂くのも目的の一つです、2Wayの目玉おやじスピーカーで色々の曲を聴いたのですが、真空管アンプとしては合格レベルとの評価を頂きました、使用したスピーカーはダイヤモンドツィーターを使用していてその音色の特別感がすごいです、録音がイマイチなアニソンでもなんだか上品な感じに聞こえま〜す、まあT氏のスピーカーがただ者ではないので同じツィーターを手に入れてもあの音は出ないでしょうね。
posted by Masa at 19:40| Comment(0) | PCオーディオ

2018年07月29日

リレー式ATTその3

ラズパイのPythonで制御プログラムを作り始めた〜
DSCF8755.jpg
とりあえずロ―タリーエンコーダーでATTのリレーを切り替えるテストプログラムを書いて実験を始めたのですが動きが変?基板の配線が怪しいみたいだw、ラズパイのPythonプログラムは初めてなのですがなかなか楽しめます。
posted by Masa at 19:56| Comment(0) | PCオーディオ

2018年07月15日

リレーATTその2

リレー式ATTの基板の配線がやっと終わった。

DSCF8743.jpg
バランス式2チャネルで0.5dBの128ステップのATTを秋月のBタイプ基板に実装。

DSCF8744.jpg
配線量はかなりの量でユニバーサル基板ではちょいと無理がありましたw

DSCF8745.jpg
I/Oエキスパンダチップはラズパイで認識できましたので制御プログラム作成開始♪
posted by Masa at 21:36| Comment(0) | PCオーディオ