2010年08月22日

巻腺の準備が整いました♪

トランス巻きに必要なものがだいたい揃いましたので
いよいよトランス巻き開始で〜す。

まずはT氏特製の巻き軸です、今回のOPTはCS100ではサイズでは大きすぎるのでCS63で作る予定ですが一応CS40も用意しました♪

DSCF9636.jpg

マイラーフイルムはアクリル板をホームセンターでカット
した切り出しゲージにてカットしました。
DSCF9632.jpg

最後はラグ端子♪

DSCF9643.jpg

と言うことでようやく巻き線が出来る準備が整いました〜
まずは入手した電線でボビン幅で何ターン巻けるかテスト!

DSCF9638.jpg

調べたら線径が少し細いようで計算値より少し巻数が多く巻けました、でもたった4層巻いただけですが挫折しそうです〜
層間紙の使い方がわからないので自己流で巻いてるからかなw
posted by Masa at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル

2010年07月30日

15Eシングル実験3

入力段を差動アンプからSRPPにしてだいぶ良くなったのですがじっくり聴くとやはり音がいまいちなのでまた回路を変更してみました。
DSCF9417.jpg
今回は6FM7によるカソフォロ直結ドライブ回路ですが15Eを十分ドライブできまた。
DSCF9079.jpg
結局普通の回路が一番だと言う事になりました♪、と言う事で15Eシングルの実験はこれにて終了♪
posted by Masa at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル

2010年07月27日

15Eシングル実験2

シングル動作実験で音出しテストをしたのですがPP回路の改造での実験とは言え納得できる音が出ない!NFB量や位相補正をいじってもいい音が出てこないですね〜WE388Aシングルの時もそうでしたが2段構成のシングルアンプの電圧増幅段に差動アンプはやはり向かないみたいですね〜真空管とFETの違いはありますが音の傾向はWE388Aの差動アンプ使用時と同じでしたのでWE388Aアンプと同様に差動アンプ回路をSRPP回路に変更して再度音出しをしたら納得できる音が出ました〜と言う事で差動アンプはPPアンプの位相反転回路に使用するのが吉ですね。
DSCF9399.jpg
バラック実験回路の真空管は12AC10の2ユニットを使用したSRPPに2SK3067のソースフォロワーと言う構成でゲインがだいぶ落ちたのですが12dB(NFB=6.3dB)と十分実用レベルです。
DSCF9440.jpg
一応回路図はこんな感じです、12AC10Aが1ユニット余るのがちょいと勿体無い気がするがMT管を使うよりましかな♪
posted by Masa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル