2011年07月27日

実験用半導体ドライブ基板完成

6550A CSPPアンプの実験に使用していた基板を利用して15Eppアンプのドライブ基板に改造しました、内容はバイアス回路を変更してプラスバイアスを可能にしたのと、駆動段の電源電圧が低くしたのに伴う変更です。

DSCF1666.jpg

高圧MOS-FETによる真空管ドライブ回路も6V6GT,572B,6550A,15Eと今回で4作目となりそれなりに安定動作していますので出来れば基板化したいけど、球アンプもそろそろネタ切れなので基板を作ったのに全然使わないでお蔵入りとなりそうなので我慢しようw

DSCF1665.jpg

電源整流回路等のドライブ回路以外はシャーシ内に配置したのですがフィラメント電源が4回路と電源が4系統(390v、250v、+/-64v)なので結構ゴチャゴチャしています。
posted by Masa at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル

2011年07月19日

15E再始動!

出力トランス巻きで挫折してなかなか製作が進まかった15Eppですがやっと再始動しました〜手作りアンプの会メンバー数人で冬のお寺大会に15Eアンプを持ち寄り無駄に明るい真空管アンプで盛りあがろうじゃないかと言う事なのです、次回のテーマは電池駆動のアンプと言う事で最近の電力事情に対応する自然な流れなのですが輪番停電で思い切り苦労させられた私の場合その反動で今度は思い切りエコでない真空管アンプを製作する事にしま〜す、まあ23区も例外なく輪番停電させていれば今頃は省エネアンプでも作ろうかという気になったでしょうがねw

今回のアンプはソケット・プレートキャップ・グリッドキャップ・出力トランス・電源トランスが特注品と言う専用パーツが多い事が特徴です。

DSCF1604.jpg

実験用シャーシにて回路実験をはじめました〜、まずはフィラメントの点灯実験〜

DSCF1594.jpg

とにかく明るい!、5.5V/4.2Aのトリタンフィラメントは強力でカメラのストロボに全然負けていませ〜んw
posted by Masa at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル

2010年10月27日

15Eシングル実用アンプ回路

15Eシングルアンプの最終回路が部屋を掃除していたら見つかったので書き直して実用回路としてUPしておきます。
DSCF9810.jpg
OPTは2.5KΩ:4Ωを2次8Ωとして5KΩの出力トランスとして代用。
DSCF9811.jpg
電源回路は古い真空管テレビ用トランスを利用します。
posted by Masa at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 15Eプッシュプル