2010年01月16日

パワーUPしました♪

アンプ回路の変更と定数を調整や電源部へのチョークコイル導入をしたらバラック実験中のアンプの出力が12.5wから18WにUP出来ました♪
DSCF6522.jpg

16LU8AはSG電流が流れやすいので要注意とARITOさんのアドバイスを頂いたので調べたらしっかりオーバーしていました!そんな訳でARITOさんの回路と同じ様にSG損失オーバー対策でSGにツェナーダイオードを追加しました。
DSCF6527.jpg
動作条件はこんな感じです。
DSCF6528.jpg
特性はまだ調べていませんが特に問題ないのでこの回路で
製作予定です、さて部品調達に今から秋葉原に行きま〜す!
posted by Masa at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 16LU8A CSPP

2010年01月14日

初めてのCSPP

昨年末の手作りアンプの会主催のお寺大会で前から気になっていたCSPPアンプに使えるARITOさん特製CSPP専用トランスを恒例のオークションでGet出来ました!CSPPはあのマッキントッシュのパワーアンプが採用してる回路方式で時々ネット上で文字を見る様になったのでその存在は知っていましたが専用トランスが必要な事と動作原理が理解出来ないのでなかなか手が出せなかった回路ですが、今回専用トランスが幸運にもの入手できたので遂に挑戦する事にしました〜
DSCF6514.jpg
年明けから実験をしていたのですがなんとか音が出せた〜で、その特性や音質が良いのでビックリですこれがCSPPの威力なのかと思わずニンマリ〜、ARITOさんが薦める訳がよ〜く解りました♪

回路は負荷抵抗に16LU8Aの3極部を使った2SK3301の差動アンプで16LU8AのCSPPを駆動します、今回は初めてと言う事で出力段はカソードバイアスとしました、ただ16LU8AなどのTV球はバラつきが大きいのでバランス調整回路を追加してあります。
DSCF6504.jpg
電源はヒーターには15VのSW電源を電圧調整して16Vにしています、余っているヒータ巻き線はバイアス用C電源とB電圧嵩上げ用に使用しています。
DSCF6505.jpg
補正コンデンサは無くても動作には問題ないのですが、私の場合帯域を少し狭い方が好きなので、好みスパイス程度に300pを付けて有ります。
10KHZの方形波です、なかなかです
DSCF6485.jpg
出力13.5W時のクリップ波形です。
DSCF6494.jpg
バラック状態で一週間ほど以前作ったアンプと聞き比べたりしていましたが、初めて出た音に一目惚れしたからでしょうか?CSPPがイイと感じて困ってしまう、いや〜困ったw
posted by Masa at 13:47| Comment(13) | TrackBack(0) | 16LU8A CSPP