2008年08月17日

原因判明!

パワーが出ない原因が判らなくて完全に手詰まり状態なのでしばらく放置して置こうかなと思っていた26LX6ppですが、昨日手作りアンプの会の三土会でアンプ作りのベテランさんに色々アドバイスをもったので早速色々やってみました、先ずはSG電圧が高いとの事でしたので、SG電圧を下げる方向で動作点を調べたらクリップする前に波形がおかしくなるのは出力段の感度が悪いためドライブ段がグリッドをプラス領域まで駆動していたのが原因でした!、現在の条件はEp=276v/267v(Zero/Max) Esg=69v/60v(Zero/Max) Ip=47.5mAx2/70mA+65mA(Zero/Max) Eg=-14.7v(Zero)でノンクリップ8wの出力が出ました、パワーが8Wと小さいのですが、今回使った100VAの絶縁トランスではやはり明らかに容量不足のようですし、プレート電圧もかなり高くしないとパワーが稼げない感じです、あと左右のパワー差ですが原因は出力トランスが内部でショートしているようですテスターで抵抗を測ると正常側が49Ω/49Ωなのですが51Ω/43Ωと抵抗値のバランスがとれていませんでした、もしかしてと思っていたのですが・・・電圧を加える前はちゃんとバランスしていたのでトランスに電圧を加えた時に絶縁不良を起こしてしまったようです、まあ40年物の中古品ですからね無理ないかな〜残念。
IMG_0559.jpg
家に帰ったら朝は直立していた26LX6が思い切り傾いていました(笑)
IMG_0586.jpg
犯人は間違いなくコイツです!今回のアンプは猫が乗れない、パワーが出ない、音が悪いと言う、超失敗作でした(爆)、さ〜て次は良く光るアンプを作くるぞ〜
posted by Masa at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 26LX6プッシュプル

2008年08月14日

パワーが出ない!

26LX6の配線が完了し音は出ましたが、パワーが全然出ませ〜ん予定していたプレート電流が半分ぐらいしか流れないのですしサイン波を入れて見ると、見事に変な波形に変換してくれてますまあデーターシートのEP−IP特性から適当に決めた動作点なの想定内の結果と言う事で現在色々と動作条件を探っていますプレート電圧230V、SG電圧170Vの時Ip=65mA,Isg=14mA,の条件で左ch=12W、右ch=1W、と言う事で右chはまともに音が出ませ〜ん!!、昨日調べたのですがトラブルの原因が見つかりませ〜ん、しかも連日の猛暑で私のHPゲージがかなり減っているのとアンプの熱で頭が回りませ〜ん、やはり真空管アンプは夏製作する物ではないですね(笑)
IMG_0535.jpg
今回も平ラグ使用なのでシャーシ内はまだまだ余裕です。
IMG_0543.jpg
波形ですがパワーを出すとクロスオーバー歪?が思い切り発生しています、ビーム管をちゃんと動作させるのは結構大変ですね、まあ好きでTV球を使っているので、そこらへんが楽しいので良いのですがねw
IMG_0537.jpg
posted by Masa at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 26LX6プッシュプル

2008年08月07日

組み立て完了

IMG_0504.jpg
完成したシャーシに部品がちゃんと取り付けられるか心配でしたががちゃんと組み立て出来ました〜と言う事で週末からはいよいよ配線開始です♪
posted by Masa at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 26LX6プッシュプル