2020年02月02日

第24回ICAC視聴会

3月1日に第24回ICAC視聴会を開催します。
DSCF9995.jpg

日時:2020/3/1(日) 13:00〜17:00
会場:伊勢崎市絣の郷・市民交流館3階セミナー室
主催:伊勢崎手作りオーディオの会(ICAC)
https://www.city.isesaki.lg.jp/soshiki/siminbu/shimin/kasuri/6765.html
参加費無料の、ゆる〜い視聴会ですので、気軽に参加していただけます。
また、手作りのアンプやスピーカーなどの発表作品も募集しております。

今回の私のネタはARITO's Audio Lab製のトランスを使用した11BM8ULppアンプです。
このアンプに使用したトランスの詳細は以下のサイトで公開されています。
(品番:DE-8K7W,SER No.:19L001 / 19L002)
http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/ARITOsAudioLab/ARITOsAudioLab.html

田谷さんのネタです、私のメインシステムのアンプ同じ方式の半導体式無帰還アンプです。
DSC_0534_s.jpg

手づくりアンプの会の蝦名さん設計のアンプ基板(赤えび基板)の最新版を使用しています。
DSC_0535_s.jpg
posted by Masa at 06:02| Comment(14) | 日記

2020年01月19日

アンプ計画2020

昨年末に完成した6BM8ULppアンプがとっても聞きやすいので
最近はCSPPアンプの出番がありませんでしたが、久しぶりに
24JZ8csppアンプを引っ張り出して音の違いを楽しんでいます
が、やっぱりCSPPの音も良いものです、という事で今年も
真空管アンプ作りを始めましょうかね〜。

昨年製作した5881csppアンプの実験アンプを年末に解体したので
その出力トランス(ASTR-20S)を使用して6L6GCcsppアンプを製作開始
しています、まただいぶ前に水平出力管を使用した大出力CSPPアンプ用
にARITOさんに製作して頂いたOPTを使用したKT120csppアンプの設計を
少しづつですが進めています、このアンプ計画は手に入れた水平出力真空管の
特性が予想以上にバラついていてアンプ計画が頓挫していたのですが、特性の
揃ったKT120を入手できたので再始動となりました。
DSCF9983.jpg
左から5881,6L6GC,KT120となます、やはりPd=60WのKT120の大きさが際立ちます。
posted by Masa at 12:43| Comment(0) | 日記

2019年07月19日

ネットワークプレーヤー

AIスピーカー導入で我が家の音楽再生システムの再構築を開始〜
まずは、HEOS対応のネットワークプレーヤーを導入です。

DSCF9729.jpg
デノン製のDNP-800NEと言うエントリークラスのネットワークプレーヤーです。

まずは、蓋を開けて中身をチエック〜
DSCF9731.jpg
デジタル物なので中はスカスカ〜ケースはプリキ缶みたいw

DSCF9745.jpg
DACはPCM1795

DSCF9747.jpg
DAIはPCM9211

DSCF9749.jpg
デジタルヴォリュームはNJU72743

DSCF9753.jpg
LPFはOPA1662

DSCF9752.jpg
バッファはNJM8068

さすがメーカー製のプレーヤーです、ラズパイプレーヤーと比べると使い勝手が格段に良いです、しかしケースの作りがとってもチープで参りました、そのうちにケースを製作して中身を移植しましょうかね。
posted by Masa at 01:29| Comment(0) | 日記