2021年07月13日

PCL82を試す

PCL82を入手したので16A8をPCL82に交換したみました。
DSC_2301.JPG
PCL82はEdicroonというブランドですが、少しバイアスを調整するだけで正常に作動しました、まあ、PCL82と16A8は呼び方が違うだけ〜

M202_PLV_0713.jpg
球をテストする前に電源回路を修正してAC電源の電圧変動への対策を行いました、バイアス電源を非安定化として出力段のアイドル電流の変動の減少が狙いです、音的にはなんのメリットも無いのですが省エネにはほんの少し効果があります。

なんとか梅雨が明ける前に調整が終わりまして、夏の省エネアンプは完成かな、真空管がPCL82になったので特性を測ってみました。
PCL82_2021_0713_Freq.jpg

PCL82_2021_0713_Thd.jpg
0.3W辺りでカーブの段付きが気になりますが、真夏に球アンプをいじるのは辛いので、秋にでもなったら考えようかな。

PCL82_2021_0713_Crs.jpg

PCL82_2021_0713_InOut.jpg

PCL82_2021_0713_imp.jpg

Lch_Noise.jpg
Rch_Noise.jpg
ノイズレベルも変化ありませんでした。

このところ11BM8 UL アンプと PCL82 CSPPを時々入れ替えて聞き比べていますが、私はやはりCSPPアンプの音が好きですね、重低音の出方が同じ球で同じパワーなのに全く違います、ただしUL PPアンプは極力シンプルな回路を目指したので改善の余地がありますので、秋に一緒に改善をしたいです。


posted by Masa at 19:46| Comment(2) | PCL82/16A8 CSPP
この記事へのコメント
歪率の段付きはアナログディスカバリーの入力部のアッテネーターの入り切りのためです。
S/N的に十分でない領域での測定ですので、どうしても段付きになってしまいます。
アンプの歪率特性ではございません。
Posted by ARITO@宝塚 at 2021年07月21日 09:23
段付きの原因はアナログデイスカバリーだったのですね!
理由が分かりスッキリしました、ありがとうございます。
Posted by Masa at 2021年07月22日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: