2020年06月28日

超大型ヒートシンク

我が家のメインシステムはサブウーハー用のパワーアンプが故障してからは、QUADえびアンプを4CHモードで使用しているのですが、QUADえびアンプは2CHモード(BTL)での音がとても心地良いのでQUADえびアンプの2台目を製作しています、前回のQUADえびアンプは強制空冷のアンプとして製作しましたが、今回は自然空冷のアンプを目指すので大きいヒートシンクを探していましたが、秋月の店頭で手にい入れました!
DSCF0138.jpg
通販では買えないのでコロナ過の本場に自家用車で買いに行きました、2個で約14Kとヒートシンクだけなのにまるで真空管アンプの様に重たい!、お店の近くのパーキングが利用出来な場合は台車が必要です、秋葉原駅近くのパーキングまで手持ちで運んだのですが、ヘロヘロになりました、ほんとに重たかった。
DSCF0146.jpg
超大型です、ほんとに大きいです、我が家のミミちゃんが小さく見えます。

DSCF0139.jpg
150ox100mmのアンプ基板が4枚余裕で乗ります、ヒートシンクのベースの厚みも10mmと厚いので安心してバイスで咥えられます。
DSCF0144.jpg
ヒートシンクが来たのでようやくケースの検討が始められますが、かなり大きいアンプになってしまいそうです。
posted by Masa at 08:41| Comment(2) | 半導体アンプ
この記事へのコメント
恐れ入谷の鬼子母神ですね、私は発熱量50w強制空冷A級アンプが製作途中で半年近く寝ています、これを刺激に何とか起きてもらいましょうかね。
Posted by 土屋@埼玉県 at 2020年06月28日 19:26
A級アンプですか良いですね!!
お寺で是非鳴き合わせと行きましょう。

このくらい大きいとA級アンプも
出来そうでなので実験はしてみようと
思っていますが、運用はB級ですかね〜
熱いアンプは真空管アンプだけにしておきます。


Posted by Masa at 2020年06月29日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: