2020年06月08日

マイコン基板完成

えびアンプの制御に使うマイコン基板が出来ました〜
DSCF0093.jpg
CPU回りの最低限必要なものだけの簡単な基板なので、この基板だけでは何も出来ませんがユニバーサル基板にインターフェース回路を組んでアンプの動作モード切替とか電圧のモニターとかに使用する予定です。

DSCF0090.jpg
今回の基板はチップ部品を多用したのでアマゾンで買った大陸製の実体顕微鏡を使い半田付けを行いました〜この新兵器の導入で小さい部品が使える様になりましたので、DAC基板とかD級アンプなどが製作可能になります、えびアンプの次は手づくりDACにでも挑戦してみようかしら♪

posted by Masa at 21:01| Comment(2) | 半導体アンプ
この記事へのコメント
実体顕微鏡は、私も欲しいです。買うかどうか迷いました。使用頻度から保留になっています。
Posted by 今井 at 2020年06月10日 16:44
確かに〜、普通の工作では余り必要ないですからえね、まあ有ればそれを使う為にネタを探すとか楽しみが増えるので、ステイホーム用にどうでしょう。

Posted by Masa at 2020年06月12日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: