2020年05月29日

コントロール基板

前回のえびアンプはファンのコントロールと動作モードの切り替え制御基板にはArduuino Nanoを使用したのですが、I/Oの数が少なくて苦労したので、今回はPICマイコン基板を起こして使う事にしました。
DSCF0079.jpg
赤えびアンプ基板に合わせ赤い基板がPIC32MX用の基板で青いのはついでに作ったPIC24Fの基板です、共にCPUは0.5mmピッチの64ピンなので実装で苦労しそうだ、今回も中国のPCBWAYに頼んだのですが注文してわずか5日で届きましたので、流通に関してはコロナの影響は感じられないですね。
posted by Masa at 19:27| Comment(0) | 半導体アンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: