2013年03月22日

5881cspp特性改善

17JZ8csppで初段のカスコード回路化で高域特性がかなり改善出来る事が確認できました、と言う事で5881csppの初段をカスコード回路化とNFB回路の見直しを行いました。

DSCF4473.JPG
回路はこんな感じになりました、回路図には有りませんが帰還抵抗に位相補正用のコンデンサが追加されています。

回路変更でかなり特性が変わったのですが音質を少し変化させたくて結合コンデンサーをポリエステル・フィルムからポリプロピレン・フィルムに変えてみました
DSCF4491.JPG
以前オイル・コンデンサに変えて音質がかなり変化したので今回も期待したのですが、私にはその差が感じられませんでした、でもコンデンサーの特性的には良いのできっと良い音になっているはずと思う様にしています、だって1個500円と普段使っている物の約3倍もしたのですからw
DSCF4494.JPG
特性はかなり変わりましたが基本的な音質は変化しませんので改造は成功と言えると思います、17JZ8csppに比べると豊かな低音が出る5881csppはやはり良いですね!

次は低音用のアンプをどうするかですが16LU8csppを改造するか、もっとパワーの出るcsppアンプを新造するかな、それとも真空管OTLに挑戦するのも面白そうだし、う〜ん悩むな〜。
posted by Masa at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 5881 CSPP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111935745

この記事へのトラックバック