2020年01月25日

6L6GCcspp組み立て開始〜

6L6GCcsppアンプの組み立てを始めました。
DSC_0509_s.jpg
ケースは5881csppと基本同じですが真空管が違うだけで随分違う感じになりますね。

DSC_0507_s.jpg
今回のアンプは5881csppと違い入力段とバイアス回路の基板を製作したので組み立てが少し楽かな。

DSC_0515_s.jpg
高圧電源回路も基板化しました〜、でもケースの中なので違いがわかりませんね。

DSC_0510_s.jpg
私の6L6GCに対するイメージはオーディオアンプというより構内放送のアンプやギターアンプ用の球でHiFiアンプと無縁な感じですが、昔から何故かこの形が好きなのです。

だいぶ前に6L6GCでアンプを組んだのですがその時は普通のULppアンプで気に入った音が出なかったのですが、今回はcspp方式という事で期待しております。
posted by Masa at 22:44| Comment(0) | 真空管アンプ

2020年01月19日

アンプ計画2020

昨年末に完成した6BM8ULppアンプがとっても聞きやすいので
最近はCSPPアンプの出番がありませんでしたが、久しぶりに
24JZ8csppアンプを引っ張り出して音の違いを楽しんでいます
が、やっぱりCSPPの音も良いものです、という事で今年も
真空管アンプ作りを始めましょうかね〜。

昨年製作した5881csppアンプの実験アンプを年末に解体したので
その出力トランス(ASTR-20S)を使用して6L6GCcsppアンプを製作開始
しています、まただいぶ前に水平出力管を使用した大出力CSPPアンプ用
にARITOさんに製作して頂いたOPTを使用したKT120csppアンプの設計を
少しづつですが進めています、このアンプ計画は手に入れた水平出力真空管の
特性が予想以上にバラついていてアンプ計画が頓挫していたのですが、特性の
揃ったKT120を入手できたので再始動となりました。
DSCF9983.jpg
左から5881,6L6GC,KT120となます、やはりPd=60WのKT120の大きさが際立ちます。
posted by Masa at 12:43| Comment(0) | 日記