2019年12月31日

11BM8_ULpp 特性改善♪

完成したばかりの11BM8 ULppアンプですが"ARITO's AudioLab"さんから特性を改善したトランスが届きましたので早速換装してみました。
DSCF9966.jpg
外観の違いはシールぐらいですが中身は別物です。
FRQ_1229.jpg
高域の減衰特性のウネリが無くなり綺麗な減衰特性になりました。
THD_L_1229.jpg
THD_R_1229.jpg
左右チャンネルや周波数による特性差がとても少なくなりました、これは2個のトランスの特性が良く揃っているからですね、聞けば改善版はペアリング無しでも良く特性が揃っているとの事です。
IMP_1229.jpg
INOUT_1229.jpg
アンプの特性としては、出力5W、DF=5.3、1W時の周波数帯域は8HZ〜100KHZぐらでしょうか。
posted by Masa at 01:18| Comment(0) | 11BM8_ULpp