2019年03月20日

スピーカーグリル

ジャージーネットでダブルバスレフBOXのグリルを作ってみました。

DSCF9522.jpg
このスピーカーは台所でラジオを聴く為の物なので部屋に合わせてピンクとグレーの組み合わせにしてあります。

DSCF9521.jpg
グリルはマジックテープで固定します。

DSCF9520.jpg
グリルの枠は9mmのファルカタ合板で作りジャージネットは枠にセメダインスーパーXで接着しました。

posted by Masa at 22:13| Comment(0) | スピーカー

2019年03月14日

第23回ICAC視聴会

久しぶりにネタが出来たのでICAC視聴会を開催したいと思います。

私のネタは24JZ8csppアンプとCF404−8A高速ダブルバスレフとなります、あとICACメンバーの205−8Aバックロードホーンも予定しています。
ICACでは手作りのDAC、アンプ、スピーカーなどの発表作品を募集しています、出品希望の方はコメントを頂けると助かります。
DSCF9496.jpg
主催:伊勢崎手作りオーディオの会(ICAC)
会場:伊勢崎市絣の郷・市民交流館3階セミナー室
https://www.city.isesaki.lg.jp/soshiki/siminbu/shimin/kasuri/6765.html
日時:2019/4/14(日) 13:00〜17:00
posted by Masa at 19:32| Comment(2) | 日記

2019年03月13日

高速DB完成

今日はユニットの取り付けと配線を行い音出しが可能になりました。
DSCF9489.JPG
まずは、組み立て時の特性を調べてみましょう。
cf404-8A_dbf_unit.jpg
ユニットのニアフィールド特性です。
cf404-8A_dbf_port.jpg
ポートのニアフィールド特性です。
cf404-8A_dbf_60cm.jpg
ユニット軸上60cmの特性です。
cf404-8A_dbf_hd.jpg
ユニット軸上60cmの歪特性です。

DSCF9494.jpg
音出しテストのセッテイングはこんな感じ。

LA.jpg
ユニットはアルテックCF404-8Aで4インチの小さいユニットですが、そこはアルテックという事で、音出しテストの曲はこんなアルバムが似合います。

フルレンジ1発なので低域も高域も普通に出ません、でもね、このスピーカーから出る音はとても魅力的なんですよ、昭和の歌謡曲をそれはそれは心地よく聞かせてくれます、このスピーカーにツィーターやサブウーハーは必要ありませんね、だって懐かしい音が台無しになってしまいますから〜
posted by Masa at 19:59| Comment(0) | スピーカー