2020年08月05日

オープンバッフルでエージング〜

とりあえず簡単に音が聞きたいので以前製作したオープンバッフルに取り付けてみました。
DSCF0238.jpg
音楽を聴きながらのエージングなのでコーン紙が動きやすいオープンバッフルは最適です。
DSCF0239.jpg
バッフルは建築用合板なのでの24mmですが密度が低いので柔らかく取り付けが楽ちん。
DSCF0240.jpg
アルテックのCF404-8Aの取り付け穴にジャストフィット。

ユニットのみで聞いた感じでは、13cmでもちゃんとウーハーしています!、ミッドレンジの様な高域は出ませんので普通にドームツイターと組み合わせて2Wayでまとめられそうな音ですが、オープンバッフルでは低域は全然出ませ〜ん、いつも聞いている曲のキックドラムやパイプオルガンの低域とかベースの低い方は何処かに行っていますが、ベースは耳を澄ませば聞こえますのでちゃんとした箱に入れいればかなりの低音を期待できる感じです。
posted by Masa at 07:52| Comment(0) | スピーカー

2020年08月03日

13cmウーハー

16cmミッドレンジが予想外に良かったので、同じブランドの白いコーン紙のウーハーがまた特売をしていたのでゲット!
DSCF0231.jpg
フォステックスみたいな白いコーン紙はやはり不人気なのね〜
DSCF0230.jpg
ユニットはSATORIのMW13PNW−4という13cmウーハーです。
MW13PNW-4_imp_20200803.jpg
特性はカタログデータとはずいぶんと違います、エージングで変化するのかな?

このユニットは小型の密閉箱に入れてアレクサ用のスピーカーに仕立てようかと思っています。
posted by Masa at 22:08| Comment(0) | スピーカー

2020年07月22日

ICAC視聴会を開催しました。

予定通り7月19日の日曜日に第25回ICAC視聴会を行いました。
DSC_0745.jpg
コロナ対策で会場の定員が半分以下の20人となっていましたが、参加者5名といつも通りの過疎具合なので全然余裕でした。

DSC_0747.jpg
今回使用したPCM2704−USBーDACとCSR8675−BT−DACで、共にLCローパス+ライントランス方式です、圧縮音源のBT−DACでも音楽を楽しむ事が十分可能と感じられたみたいです。

DSC_0748.jpg
5881 CSPPアンプとPCL83 CSPPアンプです。

DSC_0746.jpg
左から16cmダブルバスレフ、16cmフルレンジ?、16cm2Way、5cmフルレンジです、今回はフルレンジ仕様が三台集合しました、ベース音が魅力的に聞こえるダブルバスレフやツイーターより小さスピーカーが頑張ってる5cmとか、ミッドレンジなのにフルレンジみたいなスピーカーとか、それぞれの個性的な音を楽しめました。

DSC_0739.jpg
DSC_0742.jpg
おんにょさんのサイトの作例を参考にして製作されたPCL83CSPPアンプです、私以外でこの視聴会に初めてのCSPPアンプの登場です、とても丁寧に作られた力作で音質も申し分ありません、製作してからあまり使っていないという事ですが、なんと勿体無い、どんどん使っていきましょう!
posted by Masa at 09:03| Comment(2) | 日記