2018年09月09日

LPレコードを聴いてみた

LPレコードを聴いてみたら高域が弱い感じなのでネットワークを修正してみた。

DSCF8877.jpg
久しぶりにLPレコードを聴いてみたら片チャンネルの音が割れている?接触不良ぽい感じだったので、ヘッドシェルを取り外し再度付けたら直った、どうやらシェルの接触不良みたい。

ca18rly_mk2_nw4.jpg
ネットワークの修正はツィーターのインピーダンス補正を取り外して対応。

2018_0909_tw_zobel_on_off.jpg
赤が修正前で青が修正後の周波数特性です、高域のレベルが少し上がっています。

周波数特性ではほんのちょっとの違いですが、聴いた感じではかなり違い、TLS第2作の様な高域のキラキラ感が心地良いです。
posted by Masa at 17:25| Comment(0) | スピーカー

2018年09月03日

TLS4作目リニューアル完了

ネットワークを修正したので特性を確認してみました、マイクはバッフルから50cmでウーハーとツィーターの中間位置で測定。

DSCF8875.jpg
サインスイープ音が気になるサビ猫のビビちゃんは15歳。

2018_0903_50cm_frq.jpg
周波数特性です、下が50HZまで伸びているのと500HZのディップは部屋の影響が大きいです。

2018_0903_50cm_thd.jpg
歪特性です、特に問題ない感じです。

毎日色々な曲を聞いていますが、違和感なく聞いていられるので調整もほぼ完了した感じです、同じユニットを使用した2作目よりスッキリした音なので良かったです、という事で大きい2作目のBOXは物置へGo!です。
posted by Masa at 19:11| Comment(0) | スピーカー

2018年09月02日

ネットワークをこねくり回す(その5)

ウーハーのニアフィールドの特性で気になっていた5KHZ付近のピークをノッチで押さえてみました。

2018_0902_wf_nf_on_off_Lch.jpg
赤色がノッチフィルター無しで、青色が有りの特性です。

ca18rly_mk2_nw0902.jpg
LCの直列回路をウーハーに並列に接続してピークを抑えました。

DSCF8873.jpg
コイルが4個、コンデンサーが5個、抵抗が5個とテンコ盛り〜かなり無理がありますので実装方法を見直したいですね。



posted by Masa at 23:53| Comment(0) | スピーカー