2018年11月18日

10インチウーハーのエージング

エージング中の10インチウーハーの特性を調べてみました

ca26rfx_imp.jpg
エージング前のインピーダンス特性です。

ca26rfx_tsp_181118.jpg
2週間ほと聴いていたので少しはエージングが進んだかなと思ったのですが、ほとんど変わらなかったです、まあ最近のユニットはエージングの必要は無いという事なのですかね。

2週間ほどオープンバッフルスピーカーを聴いていたのですが、音がスッキリしすぎでなにか物足らない・・・、久しぶりに6.5インチ2WayTLSを聴いたのですが、良いですね〜と言うか、平面バッフルよりTLSの音の方が私は好き♪、という事で早く10インチ3WayTLSを形にしたいです!
posted by Masa at 21:23| Comment(0) | スピーカー

2018年10月30日

OpBfの周波数特性

チャンデバの設定や低域補正を調整してなんとか聴ける感じになりました。
DSCF8999.jpg
クロスオーバーはミッドLOWとミッドHIはLR24の300HZとしています。

DSCF8997.jpg
サブウーハーは60HZのLR24のLPFとしています。

DSCF8996.jpg
クロスを800HZから300HZに下げたのでDEQ2496で低域補正をしています。

opbf_sw_off.jpg
サブウーハー無しの周波数特性です。

opbf_sw_off_hd.jpg
サブウーハー無しの歪特性です。

opbf_sw_on.jpg
サブウーハー有りの周波数特性です。

opbf_sw_on_hd.jpg
サブウ―ハー有りの歪特性です。

DSCF8995.jpg
始めの予定では4Wayでしたが、色々試した結果3Way+SWとしました、ミッドを300HZ〜3KHのスピーチレンジにしたところ、CF404−8Aがその真価を発揮してボーカルがすっ飛んで来る様になりました!
posted by Masa at 23:10| Comment(0) | スピーカー

2018年10月29日

組立完了・音出し〜

ネットワークを取り付け配線を行いました。
DSCF8992.jpg
バッフル板だけなので組立配線も楽々〜

DSCF8993.jpg
クロスを200HZと800HZとした3チャンネルマルチで音が出る様になりました。

低域補正はまだ適当に入れているだけなのですが補正をOFFすると、予想通り低音が全然出ませ〜ん、中音も薄い感じでボーカルが前に出てきません、高域だけは良い感じです、という事でゴールは遥か彼方と言う感じです、25cmウーハーのエージングが目的のシステムなのですがBGMで聴けるレベルまで持って行きたいですね。
posted by Masa at 23:45| Comment(0) | スピーカー