2017年06月25日

真空管ユニット配線

なかなか進まない40KG6AOTLアンプですが、ようやく真空管ユニット部の配線が完了しました。

DSCF7568.jpg
今回のアンプは出力段は3結なのでプレート回りの配線がスッキリしない、やはりトッププレートの真空管は使いずらいな〜

DSCF7567.jpg
真空管回路の配線色を9色法で配線してみたが好みでない色の電線を使わないとならないので私には合わないという事で最初で最後の9色法ですw

DSCF7565.jpg
現在のアンプ部はこんな感じでまだまだ先が長いです、真夏に真空管OTLアンプの調整を行う事はなんとか避けたいのですが、なかなか進みません。
posted by Masa at 18:03| Comment(0) | 真空管アンプ

2017年06月23日

21HB5AサークルトロンOTLアンプその後

先日のお寺大会では久しぶりにちゃんと音るアンプとして参加出来ました、ICACの視聴会の後は物置に入れて熟成させたのが良かったのか?最優秀賞まで頂いてしまいました。

IMG_20170617_195921.jpg
会場が広くてJBLの大型スピーカーの高能率をもってしてもパワーが足りない感じでしたが、ちょいと変わった真空管アンプの音を聞いて頂けた様で良かったです、音は満足出来るのですが発熱が凄いので冬が来るまでは物置でまた熟成させる事にします。

posted by Masa at 00:30| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

パラ止め

物置からウレタン線を発掘して水平管のプレートに付ける寄生発振止めを作成してみました。

DSCF7547.jpg
パラ止めは24Ω2Wの抵抗に0.4Φのウレタン線を10T巻いてあります。

DSCF7546.jpg
インダクタは約0.2uHでQは0.8でした。

DSCF7549.jpg
実装はこんな感じです、アンプはカバーを覆うのでこのプレートキャップでもOKです。
形はチープでもよく見かける中華製プレートキャップと違い本物は確実に接続できます。



posted by Masa at 07:22| Comment(0) | 真空管アンプ